【失敗回避】太るチートデイと太らないチートデイの違いを完全解説!脂肪をつけないチートデイの方法とは?

【失敗回避】太るチートデイと太らないチートデイの違いとはチートデイ

・チートデイって太るの?
・太らないようにするには?
・チートデイって行う意味あるの?

などの疑問に答えていきます。

チートデイを行って太ってしまったという人の声を良く聞きます。

やって後悔したなんて声を聴くと、試すのが怖くなりますよね。

今回はチートデイに対して不安がある人に、

・太るチートデイと太らないチートデイについて完全解説していきます。

分かりやすく簡単に解説していくので、お付き合いください。

これからチートデイを試してみたいという人は参考にしていただければと思います。

チートデイは太るの?

【失敗回避】太るチートデイと太らないチートデイの違いとは

最初にチートデイは太ると考えている人へ

チートデイで太るかは、
その人のダイエット方法やチートデイのやり方次第です。

チートデイを行えば必ず太るということはありません。

勘違いしないように!

正しい方法で行えば、少ないデメリットで大きなメリットを得ることが可能です。

しかし、間違った方法やタイミングでチートデイを行えば太ります

ルールも決めずにドカ食いしたら太るに決まっていいます。そもそも、それをチートデイとは言いません。ただの暴飲暴食です。

適切な方法とタイミングでチートデイを行えば、ほとんど太りません。

もし太ったとしてもほんの僅か。
メリットの方がはるかに大きいです。

チートデイをして太ったという人は確実に情報不足です。

チートデイの正しいやり方を調べてもう1度、挑戦しましょう。

まとめ
  • チートデイはルールを守って行うこと
  • 好き勝手に食べるのはチートデイではなく暴飲暴食

正しいチートデイを行った時、体重はどうなるのか

【失敗回避】太るチートデイと太らないチートデイの違いとは

今から正しいチートデイを行った時、体重がどういう風に変動するのかその流れを説明します。

チートデイ当日

チートデイ当日の夜

体重は1~2㎏ほど増加

3㎏増えた場合は食べ過ぎの可能性あり。

体重が増えても太ったわけではないので不安にならない

増加した体重の内容は、水分と食べ物によるものです。

チートデイ当日の摂取カロリーを脂肪に換算すれば、多くて200~300g程度。

2~3日の運動や食事制限ですぐに取り戻せるので、気にしなくて大丈夫です。

チートデイ翌日

チートデイ翌日

・体重は1~2キロ増えたまま。
(大多数の人)

人によっては
・代謝の向上
・発汗
・腸内活動の活発化

などにより体重が元に戻っていたり、少し落ちている人もいます。

※チートデイを万全に活かせて、かみあっている状態

翌日から体重が元に戻っている人は多くありません。どちらかというと珍しいです。

基本的に体重は1~2キロ増えたままの人が多いので、気にしすぎないようにしましょう。

チートデイ翌日に運動を頑張れば食べたものが脂肪になりにくいです。余裕がある人は頑張ってみて下さい。

チートデイから2日目

チートデイから2日目

体重はチートデイ翌日よりも落ちてきて、以前の体重に近づきます。

※チートデイで食べたものが消化し排出されだすため。

この時点で以前の体重に戻っている人もちらほら。

腸内環境が整っていて、腸内活動が活発な人ほど体重の戻りは早い傾向にあります。

この時、しっかりと食事制限をしていないと体重が減りません。気を緩めずダイエットを頑張りましょう。

チートデイから3日目

チートデイから3日目

・体重は以前の状態に。

早い人は1日目から元の体重の人もいますが、ほとんどの人は3日目までに元の体重に戻っています

脂肪による体重増加はこの時点でありません。

チートデイ3日目からメリットである

・ストレスが解消
・代謝の向上

などにより効率的に痩せていくことが出来ます。

これが正しいチートデイの流れなので、行う時は自分に当てはめてみましょう。

チートデイで体重が増える=太ったわけではない

【失敗回避】太るチートデイと太らないチートデイの違いとは

これまでの説明で理解したと思いますが、

チートデイで体重が増える=太った

ということではありません。

太るというのは体脂肪が増えたときのことです。

水をたくさん飲んで1㎏体重が増えたとしても太ったなんて言いませんよね。

チートデイで体重が増えた場合、ほとんどが水分や食べ物によるもの。

体重は水分や食べ物で簡単に増減します。

なので、体重の数値だけで太ったかどうかを判断するのはやめましょう。

正確な判断ではありませんし、ストレスが溜まるだけです。

勘違いしてストレスを溜めないために、体脂肪率やウェスト周りを計ることをオススメします。

ダイエットをする時、体脂肪計メジャーは持っておくと非常に助かるアイテムです。

体重だけを指針にダイエットを行うとストレスが溜まり、誤解を生みやすいので要注意。

機能性重視なら

コスパ重視なら

オススメの身体測デジタルメジャー

体重は1週間前と比べると分かりやすい

一時的な体重増加はダイエットをしていればよくあることです。

昨日よりも体重が0,3㎏増えたから太ったと考えるのは大間違い。

しっかりとダイエットを行っていれば、体脂肪は落ちています。

それが、水分や摂取した食べ物に隠れて数値に表れていないだけ。(超重要)

なのでダイエット中に体重を意識するなら、1週間単位でみるようにしましょう。

1週間前ごとなら体脂肪の減少が大きいので体重に表れやすいです。

体重は増えたり減ったを繰り返しながら減少していくもの

グラフにすれば下の図のようにして減っていきます。

【失敗回避】太るチートデイと太らないチートデイの違いとは

昨日よりも体重が増えたからと言って落ち込む必要はありません。

チートデイで1キロや2キロも体脂肪が増えることはない

チートデイも同じように考えましょう。

2~3日体重が増えたから太ったと考えるのは間違いです。

チートデイを行ったからといって体脂肪にはほとんどなっていません。

カロリー的に考えても、1日で1キロも体脂肪を増やすことは困難です。

チートデイで太ってしまったと言っている人は体脂肪について考えてみて下さい。

体重が増えても脂肪はあまり増えていないはずです。

間違った考え方をしていれば、ダイエットに失敗するか変な痩せ方をするだけ。

ほとんどの人は小量の増加で、すぐにリカバリーできる程度の数値だと思います。

チートデイで太る人と太らない人の違いは?

チートデイで太る原因は?

次はチートデイで太ってしまう原因を紹介していきます。

2つだけですが重要なことです。

当てはまっているという人はすぐに直しましょう。

具体的な対策は次の章で解説しています。

まずは太ってしまう原因を把握しましょう。

太る原因①チートデイのやり方を詳しく理解していない

【失敗回避】太るチートデイと太らないチートデイの違いとは

当たり前ですが、チートデイにもルールがあります

しかし、チートデイで太ってしまう人はルールを理解していません。

「1日、自由に食べてOK」というふんわりとしたルールしか分かっていない人が多いです。

そんな知識でチートデイを行っても成功するはずがありません。

チートデイと暴飲暴食はまったくの別物。

暴飲暴食すれば太って当然です。

チートデイを成功させたいなら、最低限のやり方を理解して取り入れましょう。

どんなことにもルールがあり、成功させるためには詳しく理解する必要があります。いきなり取り入れるのではなく、まずは詳しく調べましょう。

チートデイの目的やメリット、デメリットの把握も大切

チートデイを取り入れるならやり方だけでなく、目的やデメリットの把握も大切です。

どうしてかというと、
本当にチートデイが必要か見極めるため

チートデイが必要な状態か、デメリットを許容できるか、しっかりと考えましょう。

そもそも、ダイエットにおいてチートデイは絶対に必要という訳ではありません

ダイエット上級者でも必要性を感じず取り入れない人もいます。

なので、自分に必要か考えてから取り入れましょう。

チートデイは弱った体や心に元気を与えてダイエットを続けられるようになりますが、2~3日遅れます。

体や心に余裕があったり、ダイエットが遅れるのがイヤという人は必要がないということです。

計画的、突発的どちらにしても本当に必要か判断してからにしましょう。

ダイエット初心者や2~3ヵ月の長期間のダイエットを計画している場合は、チートデイを取り入れたほうが成功率が上がります。

【完全解説】チートデイとは!?効果、実践方法、メリット、頻度、目安、注意点、摂取カロリーはどれくらいなのか
ダイエットや筋トレなどでチートデイという言葉を聞いたことがありませんか?この記事ではチートデイの本当の意味や必要性、タイミングや頻度、効果的な方法を詳しく説明しています。チートデイについて興味がある方は是非読んでみて下さい。

②普段のダイエットで脂肪をほとんど落とせていない

【失敗回避】太るチートデイと太らないチートデイの違いとは

初心者にありがちなことですが、ダイエットが上手くいっていない状態でチートデイを行えば太ります。

※上手くいっていない状態とは体脂肪を落とせていない人のこと。

ダイエットが上手くいかなくてもストレスや疲労は溜まります。そのストレス解消のためにチートデイを行えば太るのは当然。よくありがちな失敗例です。

意外と多いことなので注意しましょう。

脂肪を落とすのは難しいことです。
特に初心者にとっては。

慣れていない人はキープや微減が精一杯な人も。

そんな人がチートデイを取り入れてしまうと、太るので気をつけて下さい。

まだチートデイが必要な段階ではありません。

ダイエットの基礎を身に着けて、しっかりと痩せれるようになってからチートデイを取り入れましょう。

【ダイエット初心者必見】ダイエットの基本事項、絶対に知っておきたい基本9選
これからダイエットを始めようという人のためにダイエットの基本的なことを全て紹介しています。ダイエットをするにあたって大切なこと、常識やルールを丁寧に解説しています。ダイエットを成功させたいなら1度この記事を読んで実践してみてください。

ダイエットの初期ボーナスに騙されない

ダイエット初期は腸内環境が整ったり、水分が抜けることで2~3キロは意外と簡単に落ちます

しかし、脂肪が落ちているわけではないので注意して下さい。

最初の初期ボーナスに騙されてすぐにチートデイを取り入れると太ります。

チートデイはダイエット初期から取り入れないように

ダイエット中盤の疲労やストレスが溜まってきたタイミングで行うのが効果的です。

チートデイで太る原因まとめ

チートデイで太る原因
  • チートデイのやり方を詳しく理解していない
  • 普段のダイエットで脂肪を落とせていない

チートデイで太ったという人は、必ずどちらかが当てはまると思います。

文字にしてみれば当たり前のことで拍子抜けした人もいるはず。

当たり前のこと過ぎて見落としてしまっている人は気をつけて下さい。

基本的なことですが、疎かにしないようにしましょう。

チートデイで太らないようにするための対策4選

太ってしまう原因が分かったところで、次は対策を紹介。

チートデイで太らないようにする具体的な方法を解説していきます。

全部で4つですが、考え方や具体的なやり方、チートデイ後のケアなど大切なことばかりです。

チートデイで太らないようにするための対策4選
①ダイエット中は体重よりも脂肪を落とすことを意識して行う
②チートデイが必要なタイミングや頻度を見極める
③摂取カロリーの上限を決めておく
④チートデイ中も気持ちを途切れさせないようにする

①ダイエット中は体重よりも脂肪を落とすことを意識して行う

【失敗回避】太るチートデイと太らないチートデイの違いとは

チートデイを行うなら、
普段のダイエットで痩せれていることは絶対条件です。

痩せれているかの基準は脂肪を落とせているか

体重を基準にしないのは、食べ物や水分、筋量の低下などにより勘違いが起こりやすいから。

脂肪を落とせていないのにチートデイをしても太るだけ

これはさっきも言いましたね。

チートデイで太らないようにするために必要なことなので、しっかりと意識して下さい。

チートデイはご褒美でもあります。しかし、努力が足りず結果が出ていないのにご褒美だけもらおうとすれば太るという罰が待っています。

チートデイを行いたいなら、普段のダイエットを頑張って結果を出すようにということです。

上手くダイエットが上手くいかないという人へ

どうしても痩せることが出来ないという人は、難しいことはせず基本だけを抑えるようにしましょう。

・おやつを食べない
・脂質の多い食事は控える
・ウォーキングをしてみる

などなど

ダイエット初心者に向けた分かりやすい記事があるので貼っておきます。ダイエットに苦戦している人は参考にして下さい。

ダイエットは難しいことや小手先に頼るよりも基礎を固めることが最優先。

基礎が出来ていないと痩せることは絶対に出来ません。

結果を出したいなら優先順位を間違えないようにしましょう。

【ダンベル紹介】初心者から本格的に筋トレをしたい人まで用途に合わせたオススメのダンベルを徹底紹介
ダンベルが欲しいけどどれを選べばいいか分からないという人はいませんか?安価で安い物からダイエット目的、本格的に筋トレを始めたい人まで用途に合わせて様々なダンベルを紹介しています。ダンベル選びに迷っている人がいるなら1度覗いてみて下さい。

②チートデイが必要なタイミングや頻度を見極める

【失敗回避】太るチートデイと太らないチートデイの違いとは

チートデイは

・いつ取り入れるのか
・どのくらいの頻度で行うか

上の2つが重要になります。

早い時期から好き勝手に取り入れていては確実に太るので注意しましょう。

チートデイのメリットよりもデメリットが上回ってしまうだけです。

体や心が弱って必要になったタイミングで取り入れることが大切。

チートデイを取り入れるタイミングは?

チートデイは最初の1ヵ月は我慢して下さい。

※どんなに早くても3週間は待ちましょう。

1,2週間目から取り入れてもダイエットが長引くだけです。

ダイエットを始めてすぐにチートデイを行う人は絶対に痩せれません。

1ヵ月を過ぎたあたりでストレスや疲労が蓄積しています

そこで必要だと感じた時に行いましょう。

例外としてハードな筋トレや運動を行っていて、強度を落としたくないという人は1週間目からでも大丈夫です。

体温の低下も取り入れる目安に

体温もチートデイを取り入れる目安になります。

普段の体温より0,2~0,3℃下がっているようならチートデイが必要

そのためには普段から体温を測ることが大切です。

体温の低下は
・消費カロリーが低下して痩せにくくなる
・寒気を感じる
・疲れがとれない
・朝起きるのが辛い

などのデメリットが。

体温を元に戻すためにすぐにチートデイを行ってください。

体温の低下は極端な食事制限や栄養バランスが偏っている時に起こりやすいです。

コスパ抜群の赤外線体温計

信頼性が高く優秀な赤外線体温計

チートデイを行う頻度について

チートデイは頻度が多くなるほど太りやすくなります。

なので、短い頻度で行わないようにしましょう。

適正頻度は10日~2週間に1度です。

月に2回程度が理想の頻度。

※体脂肪率によって適正期間を分けたものがありますが、それよりも食事内容の方が大切なので参考程度にしましょう。(体脂肪率によるチートデイの頻度分け

ただし必ず取り入れないといけない訳ではありません。

余裕があったり、必要性を感じない時は取り入れなくて大丈夫です。

チートデイを行うのが不安という人へ

チートデイで太ってしまうか不安という人はカロリー計算をすれば安心です。

まず1日のマイナスカロリーを把握しましょう。

個人差があり正確に割り出すのは難しい数値なので、大雑把にで大丈夫です。

基本的にダイエット中は1日ー300~ー400kcalが理想。

今回はー300kcalとします。

そこから1週間のマイナスカロリーを計算
-300×7(1週間)=ー2700kcal。
2週間でー5400kcalに。

2週間に1度のチートデイで+1000kcal余分にとってもー4400kcal痩せることが出来るということです。

1月でー8800kcal(約1、2㎏)痩せらます。

※ちなみに脂肪1㎏燃焼させるためには約7200kcal必要。

数字にして安心できる人もいると思うので気になる人は計算してみて下さい。

③摂取カロリーの上限を決めておく

【失敗回避】太るチートデイと太らないチートデイの違いとは

チートデイが「なんでも自由に食べていい日」といっても限度があります。

太りやすい食べ物を爆食いすれば太って当然

チートデイにも限度があるということを理解しましょう。

1日で5000~6000kcalも食べてしまえば取り返しがつきませんし、体調だって崩します。

「チートデイなのにカロリー上限があるのは詐欺だ」と思う人がいると思いますが、太らない為のルールです。好き勝手にしても太るだけなので受け入れて下さい。

1日の摂取カロリーの上限は

男性で3500kcalまで

女性は3000kcal

※女性の上限が低いのは男性よりも消費カロリーが低いからです。

体が平均よりも大きい、筋肉量が多い、運動を沢山しているという人は+500~1000ほど摂取カロリーを増やしても大丈夫。上の数値はあくまでも平均値になります。

どうして3000~3500kcalなのかというと、1日の平均の消費カロリーから出しているからです。

2日ほどで取り戻せるカロリー設定になっているので、カロリー上限が気に入らない人は個人で調整して下さい。

このカロリー設定では1食で1000kcalくらい食べることが出来るので満足は必ずします。

上限を決めるのは限度を超えない為だということです。

おやつは食べ過ぎないように注意

チートデイでおやつメインにするのはNGです。

体調を崩す原因になり、代謝も上手く上がらない可能性があるので注意して下さい。

質の悪い油と糖質オンリーの食事では体調を崩して当然ですよね。

ストレスは解消されるかもしれませんが、体がついていかないのでダイエットに悪影響です。

3食しっかりと食べておやつを1~2回挟むのがベストな食べ方

メインの食事で不足しがちなタンパク質やビタミンなどの栄養素を補給出来れば文句なしです。

次の日からも気力十分でダイエットに挑むことが出来ます。

チートデイで食べていいものや食べ過ぎない方が良いものが気になる人はそのことについて紹介している記事があるので参考にどうぞ。

④チートデイ中も気持ちを途切れさせないようにする

【失敗回避】太るチートデイと太らないチートデイの違いとは

チートデイで太る人には、当日ではなく翌日から徐々に太ってしまう人もいます

それは、
チートデイで気持ちが完全に途切れてしまうことが原因

チートデイは我慢していたものが一気に解放されるので、ダイエットの気持ちが途切れやすいです。

1度完全に気持ちが途切れてしまうと、以前のようにダイエットに集中できません。

ご飯を食べ過ぎてしまったり、運動をさぼりだしたり…

ダメとは分かっていても集中できずに太っていってしまうパターンです。

経験がある人も多いのではないでしょうか?

1度チートデイで楽をしてしまうと、今まで行っていたダイエットが余計に辛く感じるのは仕方無いこと。

チートデイ中もダイエット中だということを忘れない

当然ですが、チートデイ中でダイエットは続いています

そこを忘れないようしましょう。

気持ちをオンオフしっかりと切り替えられる人は途切れさせても大丈夫。気持ちを緩めることはストレス解消になります。

出来ない、自信がないという人はチートデイ中も

・ダイエット中だということを忘れない
・無意識に食べすぎないようにする
・お菓子などダーティーなものを食べ過ぎない

以上の3つを意識して下さい。

お菓子類は中毒性が高いのでまた食べたくなる危険性が。

気持ちが弱い人はチートデイ中でも食べ過ぎないように。

気持ちの切り替えが下手な人は完全に油断せず、途切れさせないように注意しましょう。

1度ダイエットがどうでもよくなってしまえばどうにもなりません。食べたいだけ食べてリバウンド一直線です。

最後にしつこいですが、チートデイ中もダイエット中だということを忘れずに過ごして下さい。

【徹底紹介】ダイエット中でも太らないオススメのおやつ12選・ポイントや注意点など
ダイエット中でもおやつは食べたくなると思います。この記事ではおやつを選ぶポイント、食べる時間、オススメのおやつ、食べてはいけないngなおやつなどを紹介しています。ダイエットでおやつを迷っている方は1度覗いてみて下さい。

チートデイ当日から翌日の運動で太るのを防げる

【失敗回避】太るチートデイと太らないチートデイの違いとは

今からチートデイを行っても太らないようにする方法(運動編)を紹介。

食べたものが消化され脂肪に変わるのには48時間かかると言われいています。

つまり、その間に運動を頑張ってカロリーを消費してしまえば脂肪にならないということに。

勝負はチートデイの食事を始めてから48時間まで。

その間に運動を頑張りましょう。
頑張った分だけ脂肪になりません。

チートデイ中は体にカロリーが満ち足りているので体も良く動きます。

太りたくない人はチートデイ+運動をセットで考えてみて下さい。

簡単にいってしまえば、たくさん食べてもたくさん運動すれば太らないということ。

【痩せたい人必見】ダイエットに効果的な筋トレをどこよりも丁寧に完全解説(男性・女性版)
ダイエット効果を促進させるオススメの筋トレが知りたくありませんか?この記事ではダイエットに効果的な筋トレを部位ごとに丁寧に説明しています。その他にもメニューや注意点など気にな所まで詳しく説明しているので興味のある方は1度ぜひのぞいてみて下さい。

チートデイ中にオススメの運動は?

チートデイで脂肪をつけない為のオススメの運動は有酸素運動です。

長時間続けられてカロリーの消費が多い

・ジョギング
・水泳
・ウィーキング
・サイクリング
・ヨガ

など

スポーツが出来る人はそちらもオススメ。

筋トレは有酸素運動の締めで行ってください。

先に行ってしまうと有酸素運動で消費するカロリーが減ります。

筋トレは普段頑張り、チートデイ時は有酸素をメインに頑張ってください。

コスパ最強のフィットネスバイク

ダイエット向き機能性抜群のフィットネスバイク

太るチートデイと太らないチートでについてまとめ

今回はチートデイで太ってしまう原因と対策について解説しました。

チートデイは長期間のダイエットでは非常に有用です。

しかし、やり方や考えがしっかりしていないと太ってしまうことも。

ストレス解消目的のチートデイでストレスが溜まってしまえば本末転倒です。

正しい方法で行えば太ることはないのでしっかりと調べてからチートデイを行ってください。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

またどこかでお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました