【見た目の変化】ダイエットの効果はいつから?痩せるために必要な期間はどれくらい?1ヵ月で落とせる体重など徹底解説

ダイエットで痩せるために必要な期間はどれくらい?1ヵ月で落とせる体重は?ダイエット初心者

こんにちは、みそわんこです。

今回は
ダイエットの効果が現れるのはいつから?ダイエットで痩せるための期間は?必要な事って何?おすすめのペースは?短期間で痩せたいけどどうすれば?などの疑問に答えていきたいと思います。

ダイエットの効果や見た目の変化がいつから表れるのか、気になる人が多いはずです。

分かりやすく解説していくのでお付き合いください。

ダイエットの効果(体に変化)が現れるはいつからなのか

ダイエットの効果はいつから?痩せるために必要な期間はどれくらい?1ヵ月で落とせる体重など徹底解説

ダイエットが順調に進んでいれば見た目の変化は2週間目くらいから何となく分かるようになります。

体重は1週間目くらいから減少を実感できますが、その頃に見た目の変化を感じることは少ないです。

そもそも、ダイエットはその人の努力によって変動するため、誰にだって当てはまる回答を用意するのは難しいということを忘れずに。

滅茶苦茶頑張れば1週間でも変化を実感することが出来ますし、のんびりやれば変化を実感するのに1ヵ月くらいかかることもあります。

個人の体脂肪率や運動量によって減少スピードは大きく異なることを理解しておきましょう。

その人にあった正しいダイエットが行えていれば変化は早く訪れますし、ダラダラとやっていれば変化は中々あらわれません。

早く変化を実感したいなら、痩せるための知識をしっかりと持って実践することが大切です。

何も知らずに感覚だけで行っている人は中々痩せれないので気を付けて下さい。

【ダイエット初心者必見】ダイエットの基本事項、絶対に知っておきたい基本9選
これからダイエットを始めようという人のためにダイエットの基本的なことを全て紹介しています。ダイエットをするにあたって大切なこと、常識やルールを丁寧に解説しています。ダイエットを成功させたいなら1度この記事を読んで実践してみてください。

ダイエットは体重よりも見た目の変化や体脂肪率が大切

ダイエットで重要なのは体重ではなく見た目の変化や体脂肪率です。

よく体重を指針にして何キロ痩せたなんて話している人がいますが、ダイエット本来の目的を見失っています。

ダイエットは、いくら体重を落としても見た目の変化がなければ意味がないのは分かりますよね。

体重を落とすだけならサウナに行けば20~30分で簡単に2~3キロ落ちます

ですがそれで痩せたという事が出来ますか?
ダイエット的に痩せたなんて言えるはずありませんよね。

ただ体の水分が抜けただけなので水を飲めば簡単に体重が戻ります。

ダイエットの効果を実感するには脂肪を落とさないとダメということです。

これからダイエットをしようとしている人は、体重よりも先に見た目の変化や体脂肪率を意識してみましょう。

ダイエットをするなら体脂肪率をはかれる体脂肪計を持っておいて損はありません。

体脂肪率を把握できれば正しいダイエットが出来ているか一目瞭然です。使用頻度も高くモチベーションの維持にもつながるので買って後悔することはありません。

持っていない人は購入を検討してみましょう。

人の体重は食べ物や水分で1日1㎏前後の変動があります。ダイエット初期に1㎏体重が落ちたとしてもほとんどが食べ物や水分によるものなのを覚えておきましょう。

変化をしっかりと把握したいなら写真やウエストの記録をとる

ダイエットは毎日の小さな積み重ねです。

上手くダイエットがいっていれば、1日で数ミリ~数十ミリずつウエストが細くなっていきます。

しかし毎日見ていれば、その小さな変化に中々気づけません。

人間は少しずつ変わっていく変化に気づけないもの。

脳トレで少しずつ風景が変わっていく問題がありますが、難しいですよね。ダイエットの変化はそれと一緒です。

なので、変化を正確に把握したいなら写真を毎日とるようにしましょう。

1日ごとの変化に気付けなくても、3日ごとや1週間前と比べれば分かりやすいです。

ウエスト測定はダイエットを成功させる重要な行動

変化を把握する方法として、ウエストを計ることもオススメです。

ウエストが細くなっているということは確実な除脂肪になっていると分かりますし、モチベ―ションの向上に繋がります。ウエストが細くなっているというのは思っている以上に嬉しです

成果がその場で正確に把握できるというのは重要なこと。

メジャーで測定するのが面倒、難しそうと思う人はデジタルメジャーがオススメです。

一瞬で測定を把握できるのでストレスが溜まりませんし、気になる部位の測定もすぐ終わります

二の腕や太ももと気になる部位は沢山ありますよね。

アプリと連動することによって勝手に記録してくれるので、毎日の変化を正確に把握することができます。体重を計らなくてもデジタルメジャーでボディメイクすることが可能です。

興味がある人は購入してみましょう。
非常に便利なのでオススメです。

ダイエットを始めるにあたってとにかく早く痩せたいと考えている人へ

【見た目の変化】ダイエットの効果はいつから?痩せるために必要な期間はどれくらい?1ヵ月で落とせる体重など徹底解説

ダイエットを考えている人の多くが、短期間で素早く痩せたいと考えていると思います。

そんな風に考えている人に知ってほしいことがあります。

それは
短期間で痩せようとする行為は滅茶苦茶しんどくて失敗率が高い
ということです。

痩せることばかり考えてこの当たり前のことを忘れてしまっている人が多いので気をつけて下さい。

早く痩せたい気持ちは分かりますが、
短期間で簡単に痩せれるほどダイエットは甘くはありません。

期間が短くなればなるほどダイエットの内容は厳しくなることを忘れないで下さい。

早く痩せたいからと無茶なダイエットを行い失敗してしまっては何も得ることが出来ませんよね。時間とメンタルを大きく消耗するだけです。

しんどい思いをして何も変わらなければ、
心が折れてダイエットをする気がなくなります

実際にそういう人は沢山います。

これからダイエットを行おうとしている人は早く痩せたいからといって無茶なダイエットを計画せずにゆっくりでも確実に成功できるようなダイエットを計画しましょう。

具体的に言えば1ヵ月で2~3キロペースが体に負担が少なく、成功しやすい理想のペースです。

今から、体脂肪を落とすための方法や豆知識を紹介していきます。

体脂肪を落とすためにはアンダーカロリーを維持することが大切

ダイエットの効果はいつから?痩せるために必要な期間はどれくらい?1ヵ月で落とせる体重など徹底解説

体脂肪をしっかりと落とすためには、
1日の消費カロリーが摂取カロリーを上回らなければなりません。

摂取カロリーよりも消費カロリーが上回っている時をアンダーカロリーと言います。

消費カロリー>摂取カロリー

アンダーカロリーを常に維持することで、痩せていく事が可能です。

アンダーカロリーを維持するために必要なこと

アンダーカロリーを維持するには消費カロリーを増やす為に運動をするか、摂取カロリーを少なくするために食事制限をするしかありません。

ダイエットでは運動と食事になると食事のほうが大切です。

それは、いくら運動しても沢山食べていれば痩せることはできず、運動が少なくても食事制限がしっかりしていれば痩せることは可能だからです。

ダイエットを行うなら、食事を見直そう。

脂肪1キロを落とす為に必要な消費カロリーはどれくらい?

脂肪1キロには約7200カロリーあります。
コンビニのおにぎりが1つ約200カロリーなので36個分。

脂肪の内訳は脂質が1g9kcalになり、1㎏(1000g)にすると9000kcal。ですが脂肪には水分が20%ほど含まれているので1800kcalを引いて、脂肪1㎏には7200kcalとなるわけです。

脂肪1キロつけようと思ったら、消費カロリーより余分に36個のおにぎりを食べなければならない訳です。脂肪1キロでも馬鹿にできないですよね。

この画像は脂肪1キロ分になります。想像以上に大きかったのではないでしょうか。

ダイエットの効果はいつから?痩せるために必要な期間はどれくらい?1ヵ月で落とせる体重など徹底解説

太るにしろ痩せるにしろ、脂肪1キロでも大変なことです。何か月、何年とため込んできたものですから、簡単に痩せれると油断しないようにしましょう。

成人男性の1日の消費カロリーは約2500カロリー、成人女性は約2000カロリー

体重が落ちれば脂肪だけでなく水分や筋肉も一緒に落ちている

ダイエットの効果はいつから?痩せるために必要な期間はどれくらい?1ヵ月で落とせる体重など徹底解説

体重が1キロ落ちれば、脂肪が1キロ落ちたと思う人が多いんじゃないでしょうか?

重要なことですが体重が1キロ落ちても、脂肪は1キロも落ちません。

ダイエットを始めたら、最初は水分が抜けて2キロまでは簡単に落ちます。水分以外にも体の栄養素や老廃物など、体重が落ちる要素が色々あるからです。

ですが、純粋に脂肪が落ちているわけではないので食事を戻せば簡単に戻ってしまいます

なので体重が2キロ落ちたからダイエット終了なんてことをしていたら、脂肪はいつまでたっても落ちることはありませんので気を付けて下さい。

他にも栄養バランスの悪いダイエットを行っていれば、筋肉が落ちて体重が減るということも多いです。

ダイエットは体重に固執するのではなく、見た目の変化や体脂肪率に注目しましょう。

そうすれば、脂肪の変化や筋肉量などにも目がいくので本当の意味でダイエットが成功しやすいです。

勘違いしている人は1キロ落として喜んだりしていますが、実は体の水分が抜けただけで脂肪は全く落ちていないなんてこともあります。

1月で2kgの脂肪を落とすために必要な摂取カロリーの計算

ダイエットの効果はいつから?痩せるために必要な期間はどれくらい?1ヵ月で落とせる体重など徹底解説

1月で2キロの脂肪を落としたい時、どれくらい食事を制限すればいいか計算していきます。

今回は成人男性の1日の平均消費カロリー2500カロリーで考えます。

脂肪2キロなので14400カロリーを1月の間に消費しなければなりません。(脂肪1キロ、7200カロリー)

14400(落としたい脂肪)÷30(日数)=480(1日に消費するカロリー)

1日の消費カロリーの2500カロリーから480カロリー引いて、1日の摂取カロリー2020カロリーとなります。

1日のカロリーを2020カロリー以内に抑えていけば、1月で2キロ痩せることが出来ます。

脂肪が2キロ落ちれば体重は3~3,5キロほど落ちています。ですがその1㎏は食事を戻せばすぐに戻るので、気にしないようにしましょう。

先ほどの計算に日数と落としたい体重を入れれば、食事制限の指標が見えてきます。

1日の消費カロリーの求め方

自分の1日の消費カロリーが分からないという人が多いと思うので簡単に求められる方法を紹介します。

最初に計算方法を紹介。
基礎代謝×1日の活動レベル=1日の消費カロリー

まずは1日の基礎代謝を求めましょう。
基礎代謝とは何もしなくても生命維持のために消費されるエネルギーです。

体重、年齢、身長、性別を入力すれば計算してくれるサイトがあるので下に貼っておきます。そこで1日の基礎代謝量を調べてみましょう。

基礎代謝量
生命を維持するために必要なエネルギー量である基礎代謝量(BMR)を計算します。

1日の基礎代謝が分かったら次は活動レベルをかけましょう。これで1日の消費カロリーが大まかに分かります。

レベル1 1,2は運動をしないで1日中座っている人
レベル2 1,375は運動はしないが会社の通勤や歩くことがある人
レベル3 1,55は接客や家事などで動くことが多く通勤などで体を動かしている人
レベル4 1,725は筋トレや1時間以上の運動を週5日以上行っている
レベル5 1,9は重度の運動やハードな筋トレを1時以上週5日以上

基礎代謝が1500kcalで活動レベルが3の人なら

1500(基礎代謝)×1,55(活動レベル)=2325kcal(1日の消費カロリー)

これで終了です。
人によって多少の誤差がありますが、ダイエットの指標にするにには十分です。

もし、もっと正確に調べたいという人は下に詳しく解説している記事があるので張っておきます。

1日の消費カロリーの正確な計算方法、ダイエットや筋トレをするなら知っていて損はしません
1日の消費カロリーの正確な計算の仕方を知っていますか?男性、女性、年齢や体重また筋肉量などによって様々です。消費カロリーを正確に測定するために除脂肪体重の計算の仕方や生活レベルの基準など説明しています。どうやって計算すればいいかわからない人は1度読んでみて下さい。

ダイエット初心者の人は計算通りにいかないことがほとんど

ダイエットの効果はいつから?痩せるために必要な期間はどれくらい?1ヵ月で落とせる体重など徹底解説

ダイエット経験者の人は自分の体調管理やカロリー計算が正確で、計画通りに進ませることが出来ます。

ですが、初めてカロリー計算をするといった人は中々上手くいきません。

自分の消費カロリーの把握から食材の管理まで、覚えることが沢山あって大変です。何とかそれらをこなせても、計算違いで体重が落ちないなんて事もよくあります。

しかも消費カロリーは体調や体温、睡眠時間などによって変化するので完璧に把握するのは困難です。

なによりダイエットを成功させることが大変だと思うので、あなたに出来ることからゆっくり始めてみましょう。

最初は結果を求めすぎず、経験を積むために始めてみるといいと思います。

なんでも最初から完璧にプロのような結果を出すことはできません。少しずつ成果を上げていく事が大切な事。

【初心者向け】ダイエットはいったい何をすればいい?何をすればいいか分からない人のためにやるべきこと10選を完全解説
ダイエットを始めたいけど何をすればいいか分からないという人はいませんか?ダイエットをすぐに実践したいという人のためにやるべきことを大切なことから順番に紹介しています。すぐにダイエットを始めたいけど何をしていいか分からないという人はこの記事を覗いてみて下さい。

初心者が最初に落とすべき目標体重【1カ月】

ダイエットの効果はいつから?痩せるために必要な期間はどれくらい?1ヵ月で落とせる体重など徹底解説

始めてダイエットをするなら、1月で1~2キロを目標にしましょう。

もっと痩せたいと思う人がほとんどだと思いますが、何とか我慢して下さい。

最初からハードな食事制限をしてしまえば、食材の知識が乏しいので栄養失調になる可能性が非常に高いです。(そもそも1ヵ月ダイエットが続かない)

ゆっくりと体重を落としながら、体に必要な栄養素やダイエットに向いた食材を把握して経験を積めば次に繋がるので焦らずに頑張りましょう。

無理をしてダイエット失敗→ダイエットが嫌いになる→痩せることを諦める

ダイエット初心者が陥りやすいパターンなので気を付けて下さい。自分は大丈夫なんて考えてはいけません。

1月に2キロでも、3か月続けば6キロなので馬鹿にできません。

理想的な体重の落ちるペース、期間はどれくらい?

ダイエットの効果はいつから?痩せるために必要な期間はどれくらい?1ヵ月で落とせる体重など徹底解説

1ヵ月で落とす体重は2キロから多くて4キロが理想だと言われています。(女性の場合は2~3キロが理想)

勿論、その人の体脂肪率によって1ヵ月で落とせる体重が異なるのを忘れずに。今回は平均的な人を基準にしています。

1ヵ月で2~3キロというと「少ない」「もっと落としたい」と思う人が多いかもしれません。

ですが、この3キロを純粋な除脂肪だと考えたら、脂肪1キロでもあれだけあったのですから、見た目はすごく変わります。

特に筋肉を落とさず脂肪だけを落とす事が大切です。

それが出来るようになればリバウンドの可能性も低くなり健康的に痩せることが出来ます。

理想的に痩せるためには食事制限は勿論、全身の筋トレや適度な有酸素運動など知識と努力が要求されます。

慣れないうちから全部やろうとすれば、ストレスでリバウンドの可能性が高まるので少しずつ頑張りましょう。

2~3か月かけてゆっくり確実に体重を落とすのが、失敗も少なくリバウンドもしにくいです。

【ダイエット最大の敵!】なぜリバウンドしてしまう?リバウンドしない為の対策7選・原因や仕組みも完全解説
せっかくダイエットに成功したのにリバウンドして元に戻ってしまったことはありませんか?なぜリバウンドしてしまうのか?その原因や対策方法をわかりやすく解説しています。いつもリバウンドしてしまったりダイエットしようと思っている人は1度のぞいてみてください。

ダイエット中におすすめの筋トレや有酸素運動

ダイエットの効果はいつから?痩せるために必要な期間はどれくらい?1ヵ月で落とせる体重など徹底解説

ダイエットでは筋トレと有酸素運動のどちらも大切ですが、優先順位は筋トレのほうが高いです。

それは、筋トレを行うことによって筋肉に刺激を与えて、筋肉が落ちるのを防いでくれるからになります。

ダイエット中は筋トレを毎日行いつつ、たまに有酸素運動を行うのがベストです。

ジョギングなどの有酸素運動はカロリーの消費は多いですが、きつくて断念する人が多いです。自分にあった運動を見つけましょう。

ダイエットでオススメの筋トレ

ダイエットが目的で筋トレをするならスクワットは外せません。

下半身の筋肉は全身の3分の2あると言われているので、1度にそれらを鍛えられるスクワットはかなり優秀です。

他にも本格的でなくてもいいので、全身を鍛えることが大事です。

自分のできる範囲で腕立や腹筋、出来るならダンベルを使った筋トレを行うことが出来れば文句ありません。

【ダンベル紹介】初心者から本格的に筋トレをしたい人まで用途に合わせたオススメのダンベルを徹底紹介
ダンベルが欲しいけどどれを選べばいいか分からないという人はいませんか?安価で安い物からダイエット目的、本格的に筋トレを始めたい人まで用途に合わせて様々なダンベルを紹介しています。ダンベル選びに迷っている人がいるなら1度覗いてみて下さい。

男性ならベンチプレスやダンベルプレス、懸垂、サイドレイズなど上半身に力を入れるとかっこいい体型になります。

女性ならスクワットでもお尻を鍛えられるレッグランジ、ブルガリアンスクワットを中心に行い、上半身は軽い負荷で回数を多めにすることですっきりとシェイプアップ出来ます。

ダイエット中に筋トレを行うことはメリットが多いので頑張りましょう。

【スクワットがきつい!】スクワット嫌いを克服する完全攻略マニュアル
スクワットがきつくて続かない、挑戦してみたいけど続くか不安という人はいませんか?この記事ではスクワット初心者に向けてきつい理由や続けるための方法を徹底解説しています。スクワットをするなら役に立つオススメの情報が沢山あるので覗いてみて下さい。

ダイエットでオススメの有酸素運動

ジョギングに慣れてない人はウォーキングか自転車がおすすめです。

負荷が軽いので長時間続けることが可能ですし、バスや電車などの移動をどちらかに変えるだけでも十分、効果があります。

他にもダンスやスポーツもおすすめです。
特に誰かと一緒にスポーツが出来るなら、長続きするので個人でやるより一緒にできる仲間を見つけましょう。

有酸素運動はきつすぎると続かいないので、自分にできる範囲で。

【女性版】ダイエット、筋トレのモチベーションアップ画像集・スリムでしなやかな、筋肉質な理想の体系を目指そう!!
ダイエットや筋トレのモチベーションを維持する方法で画像や動画を見ることは高い効果を発揮します。この記事では女性に向けてダイエットや筋トレのモチベーションアップ出来る理想の体型をまとめて紹介しているのでやる気が起きないという人は覗いてみて下さい。

ダイエットの効果、見た目の変化が現れるのはいつからまとめ

ダイエットは2~3か月かけてゆっくり痩せるのが一番リスクが少ないです。

ゆっくりといっても食事管理と運動はしっかりしての事なので、努力が必要で楽ではありません。

初心者の方ほど早く痩せたいと結果を急ぎすぎて、失敗してしまいます。

ダイエットを始める前に入念に下調べして、計画を立てることが出来れば始めての方でも失敗する事がぐっと減ります。事前の対策が重要です。

覚えることは大変ですが、覚えてしまえば楽なので頑張りましょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました