自宅で懸垂が出来るチンニングスタンド!かっこよくて厚い背中が手に入られるおすすめチンニングマシン

チンニング/懸垂スタンド

こんにちは、みそわんこです。

体の前面の筋肉ばかり鍛えて、背中は面倒だと疎かにしていませんか

確かに腕立てや腹筋はどこでも簡単にできるのに対して、背中の筋肉を鍛える種目って思い浮かびづらいですよね。

でも前面ばかり鍛えて背中を鍛えなかったら、バランスが悪くておかしな体系になってしまいます。
それに背中の筋肉が弱いと姿勢が悪くなったり、腰を痛める原因にもなります

今回は、自宅でも簡単に背中を鍛える事が出来るチンニングスタンドを紹介したいと思います。

かっこよくて厚い背中とは

体の前の筋肉は、鏡で見てもはっきりと認識することができますよね。
この筋肉をミラーマッスルと言います。

自分でも変化を見やすいので、ミラーマッスルばかり鍛えてしまう人が多いです。
体はバランスよく鍛えないと他の人から見た時違和感を与えてしまうこともあります。

特に自分では背中はわかりずらいですが、歩いているだけで他の人からは丸見えなので気を付けましょう。

2つの画像は少し極端ですが差がはっきりとわかりますよね。

分厚い背中は服の上から見ても滅茶苦茶カッコいいので、しっかりと鍛えましょう。

自宅で背中を鍛えるならチンニングスタンドがベスト

ジムなどに行けば色々と背中を鍛える機械がありますが、自宅でそんな物は望めません。

ダンベルを試してみても上手く背中に入っているのかわからず難しいと感じてしまいました。
他にもバーベルなんかは値段が高くて気軽に買うことはできません。

ですが、最近のチンニングスタンドは置く場所さえ確保できたら、1万円と少しあれば買えてしまいます。

そして何より背中の効きがすさまじく、背中を鍛えたい人には絶対にオススメしたいです。
初めは1回もできない人も多いと思いますが足元に椅子など補助できるものを置いて少しずつ筋力をつけていきましょう。

費用対効果抜群で値段以上の効果をきっと発揮してくれます。

FITMATE ぶら下がり健康器具 懸垂マシン


FITMATE 改良版 ぶら下がり健康器具 懸垂マシン 懸垂器具 筋力トレーニング 室内

FITMATEの懸垂マシンがなによりも優れている所は信頼性です。

amazonのレビュー数を見てもらえばわかると思いますが他の物よりダントツで多く、正に高品質、低価格を地で行く商品です。

こういう商品は組み立て式なので人によっては面倒かもしれませんが決して難しいものではなく、誰でも簡単に組み立てられるようになっています。お客様に組み立ててもらう代わりに、これほどまでの低価格を実現できているわけですね。

性能も値段の申し分ないので、どれにしようか迷っているのならこのFITMATEの懸垂マシンを買っておけば外すことはないでしょう。


FITMATE 改良版 ぶら下がり健康器具 懸垂マシン 懸垂器具 筋力トレーニング 室内

AKM バージョンアップ ぶら下がり健康器 懸垂マシン チンニング


AKM バージョンアップ ぶら下がり健康器 懸垂マシン 耐荷重150kg マルチジム 懸垂器具 チンニング 筋肉トレーニング マルチジム 腹筋 [1年保証]

AKMの懸垂マシンは画像を見てわかると思いますが、作りがこの値段帯の中ではビックリするほどしっかりしています。

他の懸垂マシンは、多少のぐらつきが起きるのは仕方ないと諦めて使っている人が多いですが、この懸垂マシンは土台が堅牢な作りで、非常に安定しています。

他の懸垂マシンはいくら多機能であると言っても安定感がなく、初めに少しやったら使わなくなってしまいがちですが、このマシンはディップスやレッグレイズを行っても安定性が高いので安心して行うことが出来ます。

値段、性能ともに非常に満足いく出来なので、買って後悔は絶対にしないでしょう。


AKM バージョンアップ ぶら下がり健康器 懸垂マシン 耐荷重150kg マルチジム 懸垂器具 チンニング 筋肉トレーニング マルチジム 腹筋 [1年保証]

SINTEX(シンテックス)ぶら下がり健康 機懸垂マシンⅢ STM056


SINTEX(シンテックス) ぶら下がり健康器 懸垂マシンIII STM056

最後に紹介するのはシンテックスの懸垂マシンです。

この懸垂マシンは家庭で扱える中では最高峰の物と言っても過言ではないでしょう。

少し高くてもしっかりしたものが欲しい、本気で鍛えたいという方にはこれしかない、と言うしかありません。

値段を除いて、性能面での文句は正直でないと思います。
耐久力もあり4年使っても、びくともしていないというユーザーもいます。

高いと言っても極端に高いわけではなく、このマシンより高い物もたくさんありますが費用対効果で見れば無駄遣いでしかありません。

もし、お金に余裕があってどれを買おうか迷っているなら、このマシンを絶対にオススメします。


SINTEX(シンテックス) ぶら下がり健康器 懸垂マシンIII STM056

保護マット

室内に器具を置くなら、床を傷つけない為に保護マットは必要です。

器具を移動さした際に傷ついた床をみてショックを受けるのはつらいので。


【Amazon限定ブランド】ウルトラスポーツ トレーニングマット 床保護 衝撃吸収 ずれ防止 防音 厚さ4mm ブラック

まとめ

今回はおすすめの懸垂マシンを紹介しました。

背中は普段鍛える事がないので初めは苦労すると思います。
上手く背中に入っているかわからなかったりするかもしれませんが、そんな時は色々な紹介動画があるのでそれを参考に試行錯誤してみてください。

きっとあなたに合ったやり方が見つかると思います。

そして、その経験は人生においても役に立つはずです。

人生はトライ&エラーの繰り返しなので、めげずに頑張っていきましょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました