【筋トレは週1でも大丈夫?】筋肥大やダイエット効果がどれくらいあるのか完全解説

【筋トレは週1でも大丈夫?】筋肥大やダイエット効果がどれくらいあるのか完全解説筋トレ初心者向け

・筋トレは週1でも効果があるの?
・筋肥大は?
・痩せることは出来るの?
・毎日やらないといけないの?

上記の疑問について解説します。

「筋トレは苦手だけど週1なら出来そう」と思う人は多いです。

特に筋トレ初心者の場合、「毎日筋トレを頑張らないといけない」なんて考えるだけで憂鬱になりますよね。

しかし、週1の筋トレで効果はあるのか気になるところ。

今回はそんな人達に向けて疑問を解消するだけでなく、よりメリットがあり効率的なやり方まで分かりやすく説明していきます。

筋トレを週1でも頑張ろうか悩んでいる人は参考にして下さい。

筋トレを週1で行った時の効果について

【筋トレは週1でも大丈夫?】筋肥大やダイエット効果がどれくらいあるのか完全解説

最初に週1の筋トレでも効果があるのか気になると思います。

結論から言うと

週1の筋トレでも効果はあります

筋トレはやった分だけ効果があります。
週1だから無駄になるということはありません。

筋トレは続けたもの勝ちの趣味です。目標に向かってコツコツ頑張れる人だけが自分の夢を叶えます。

週1でもしっかり頑張れば、その分の努力は結果として表れるので安心して下さい。

ただし、少ない頻度なので効率は良くないということだけ覚えておきましょう。

まとめ
  • 週1回の筋トレでも効果はあるけど効率は良くない

どうして週1の筋トレは効率が悪いのか?

筋肉をつける為には筋トレ、休息のサイクルが必要です。

筋繊維を破壊して、修復する。

その繰り返しで筋肉は発達していきます。

筋肉は筋繊維が破壊され、修復するときに以前よりも強くなろうとして大きくなります。筋肉痛はその時に起こり、24~72時間ほどの間で治ります。

週に1回の筋トレではそのサイクルが少ないので、効率はどうしても悪いです。

もし効率よく進めたいのなら、毎日筋トレを行いつつ1つの部位を週2回行うようにしましょう。

※足、胸、背中など鍛える部位を三分割し、1週間で2周して1日休みにするのがメジャーなやり方です。

1部位ごとの追い込みも甘くなってしまう

また週1回の筋トレでは、1日で全身を鍛える必要があるので1つの部位にかける時間がどうしても少なくなります。

「頑張れば何とか全身を追い込めるのでは?」と考えるかもしれません。

しかし、1つの部位を限界まで追い込むのは物凄く体力と集中力を使います

筋トレに慣れていない人が1回で複数の部位を追い込むのは困難で、慣れている人でも難しいことです。

追い込みを数回行えばヘトヘトになります。ヘトヘトの状態で筋トレを行えば、どうしても甘くなってしまうのは仕方ないですよね。

週1回の筋トレは

・筋肥大する回数が少ない
・全身を鍛えるため、1部位
ごとの追い込みが甘くなる

以上に理由により効率は悪いということになります。

ボディビルダーやフィジーカー、本気で体を鍛えている人は筋トレをほぼ毎日行っています。効率だけを求めるなら、毎日行うにこしたことはありません。

やはり筋トレは毎日頑張った方がいいの?

【筋トレは週1でも大丈夫?】筋肥大やダイエット効果がどれくらいあるのか完全解説

ここまでで、週1の筋トレは効率が悪いということを説明しました。

ならやっぱり「毎日筋トレを頑張った方がいいの?」と思うかもしれません。

その答えは、無理をして頑張る必要はなし。
自分が続けられるかどうかが最優先。

という答えになります。

筋トレは無理をしてしまえば辛くなって辞めてしまうことがほとんどです。

そして筋トレは辞めてしまうのが1番もったいないこと。

辞めてしまえば目標には絶対にたどり着けません。

最初は効率よりも続けられそうかどうかを1番に考えましょう。

効率を求めるのは続けられるようになってからです。

特に初心者が筋トレを毎日頑張ろうとすれば、95%以上の人が半年以内に辞めてしまいます

筋トレは自分のやる気や体力を見ながら調整することが大切です。

どんなことでも強制されたり義務化されれば途端に辛くなりますよね。自由にのびのびやるのが1番!

なので、自分が続けられそうだと思うペースで頑張ってみましょう。

筋トレに慣れてきたら週に2回3回と増やしてみて下さい。いつか理想の体にたどり着くことが出来ます。

まとめ
  • 筋トレは無理な頻度で行っても辞めてしまうだけ
  • 最初は週1からでOK。とにかく辞めないことを目標に

週1の筋トレは筋肥大やダイエットにどれくらい効果的なのか

どんな頻度でも筋トレはやった分だけ効果があると説明しました。

それでは、週1の筋トレが筋肥大やダイエットにどれくらいの効果があるのか。

具体的に解説していくのでお付き合い下さい。

週1の筋トレでどれくらい筋肥大が出来るのか?

【筋トレは週1でも大丈夫?】筋肥大やダイエット効果がどれくらいあるのか完全解説

まずは筋肥大について。

週1の筋トレでは、かなりゆったりとしたペースでしか筋肉は大きくなりません

正直、実感するのに苦労するレベルです。

先ほども言いましたが、筋肉を大きくするサイクルが少ないので仕方無いこと。

また、筋肥大には頻度だけでなく質も大切です。

質とは正確なフォーム重量設定

フォームが悪いと狙った部位に負荷がかかりにくいので筋肥大しにくい。

正しいフォームをマスターするには繰り返し反復することが大切ですが、週1では中々進みません。

筋トレは意外と難しく、技術が必要ということ。

・筋肥大のサイクルが少ない
・正しいフォームが身につくのに時間がかかる

以上の理由から週1の筋トレで大きな筋肥大は難しいという結論になります。

筋肉をはやく大きくしたいという人へ

はやく筋肥大したいという人は、週1が慣れてきたら週2に

いけると思った段階で頻度を多くしていって下さい

週2にした場合、上半身と下半身で分けて分割したトレーニングに慣れていきましょう。

無理をしない範囲で必要なレベルアップを。

そうして少しずつ頻度や質を上げていけば、大きく体を変えることが出来ます。

筋トレは無茶をしても続きません。少しずつできることを増やしていくことが1番の近道です。

筋肥大には食事も大切

筋肥大には食事も超大切です。

筋トレと同じくらい大切なので、早く筋肉を大きくしたい人は意識してみましょう。

どうして大切なのか、どういった食事が良いのかについてまとめた記事があるので興味がある人は参考にして下さい。

まとめ
  • 週1の筋トレでは筋肥大が遅い
  • 筋肥大に必要なことは正しいフォームと重量設定、高頻度の筋トレ
  • 筋トレは焦って無茶をしても続かない

週1筋トレのダイエット効果はどれくらいあるのか

【筋トレは週1でも大丈夫?】筋肥大やダイエット効果がどれくらいあるのか完全解説

まず、筋トレはダイエットするなら絶対にやった方がいいくらい優秀です。

週1だろと月1だろうとやらないよりはやった方がいいのは間違いなし。

行うメリットが大きいので迷っている人は頑張りましょう。

週1の筋トレでも

・筋肉を維持できる
・消費カロリーを増やせる
・体のメリハリを作れる

などのメリットがあります。

ただし、週1の筋トレでは目に見えるほど大きな外見の変化は期待しないように。

※大きなカットや筋肥大など

それでもダイエットに効果があるのは確実です。

筋トレなしのダイエットは脂肪だけでなく筋肉も減少させるので注意が必要。

ダイエット中の筋トレの目的とは

ダイエット中の筋トレは、筋肉を大きくするよりも維持することが目的になります。

それによって代謝が低下するのを防げるので順調に痩せることが可能に。

何もしなければ停滞期が来たり、体重の減少スピードが低下する可能性が高いです。

適切な食事や筋トレによってそれらを防いだり、早く抜け出すことが出来ます。

週1でも筋トレを行うことはメリットしかありません。

筋トレを頑張って理想の体を手に入れましょう。

ダイエット目的ならNorthdeerのダンベルがオススメ。

コンパクトで高強度、スタイリッシュなデザインと質の高さは他のダンベルと比べてもトップレベルです。モチベーションをイヤでも上げてくれるのでダイエットの相棒になります。

女性なら5㎏、男子なら10㎏を目安にして下さい。

ダイエット目的の場合、筋トレは軽くで十分

先ほども言いましたが、ダイエット中の筋トレは筋肥大よりも維持が目的です。

なので、限界まで追い込むような筋トレは必要ありません。

そもそもダイエット中はエネルギー切れを起こしやすいので、一般的にハードな筋トレはNG。ダイエット失敗に繋がりかねない行為です。

適度な筋トレでいいので楽しんで行いましょう。

筋トレを楽しめればダイエット成功は難しくありません!

出来れば週1で全身を行うより、週2,3で部位分けして行うほうがオススメ

理由は1回あたりの負担が少なくなるのでストレスを感じなくなるからです。

とはいえ、頻度が多いのがイヤという人もいるので自分がストレスにならない頻度や方法を考えてみて下さい。

筋トレが苦手な人は補助器具を使ってみましょう。

バランスボールや振動マシンなど運動神経に関係なく大きな効果を発揮してくれます。

ダイエットにおいて筋肉はあるだけ得

筋肉は基礎代謝を向上させます。

生きているだけで消費されるエネルギー。1日の消費カロリーの60%を占める。筋肉や内臓の働きなど生命維持の活動によって消費され、年齢が若く、体が大きい、筋肉が多いと基礎代謝が上がる。

つまり筋肉が多いほど1日の消費カロリーが多くなります。

なので、普段から筋トレをしている人ほどダイエットが楽になるということに。

ダイエットに失敗しがちな人は普段の体作りを頑張ってみましょう。

筋肉は何もしなければ減少していきます。

いつからでも、どんなペースでも大丈夫です。

筋トレはメリットばかり。

習慣化できればダイエットの難易度がグッと下がるので頑張ってみて下さい。

まとめ
  • ダイエットをするなら筋トレはメリットが多い
  • 目的は筋肉の減少を防ぐこと
  • 限界まで追い込む必要はない
  • 出来る範囲で楽しく行う

週1で筋トレを行う時の注意点

週1で筋トレを頑張ってみようという人へ

今から週1筋トレを行う時の注意点を紹介します。

失敗しない為に注意しながら読んで下さい。

週1で筋トレを行う時の注意点
① 大きい部位を優先して鍛える
②色々な種目に手を出さない
③筋トレの動画や記事をみて勉強する
④モチベーションを維持しておく

注意点①大きい部位を優先して鍛える

【筋トレは週1でも大丈夫?】筋肥大やダイエット効果がどれくらいあるのか完全解説

週1で鍛えるなら小さい部位は後回しにしましょう。

まずは、大きい筋肉をメインに鍛えて下さい。

大きい筋肉とは
・胸(大胸筋)
・肩(三角筋)
・背中(広背筋、僧帽筋など)
・足(大腿四頭筋、大臀筋など)

どうしてかというと週に1回の筋トレで小さい部位を鍛えていては効率が悪く、見栄えも悪くなるからです。

体は普通なのに、腕だけ太くてもバランスが悪く不格好に見えますよね。

筋肉は1部分だけ発達していても分かりにくかったり、変に見えるということです。

発達が分かりにくければ
・モチベーションが低下しやすい
・飽きやすい

と言ったデメリットが。

なので大きい筋肉を優先して鍛えましょう。

大きい筋肉を鍛えるメリットについて

胸や背中、足など大きい筋肉を鍛えるメリットとして

・補助筋として違う部位も鍛えられる
・変化が分かりやすい
・筋肉のバランスが崩れにくい

があります。

筋トレをするなら大きい筋肉を優先して鍛えろという理由が分かりますよね。

厚い胸板や広い背中、がっしりした太ももを目標に。

週1という少ない頻度なら、筋トレは効率よく行いましょう。

オススメの筋トレ種目は?

何をしていいか分からないという人はBIG3(ビッグ3)という3つの種目がオススメです。

BIG3は
・ベンチプレス
・デッドリフト
・スクワット

BIG3は超メジャーは筋トレ種目なので信頼性抜群!

この3種目は効率よく大きな筋肉を鍛えることが出来ます。

しかし、器具がないと出来ない欠点も。

なので初心者でも始めやすい自重で出来るBIG3を紹介した記事があるので興味がある人は参考にして下さい。

正直、筋トレ初心者はBIG3をやっておけば間違いありません。

注意点②色々な種目に手を出さない

【筋トレは週1でも大丈夫?】筋肥大やダイエット効果がどれくらいあるのか完全解説

週に1回しか筋トレをしないなら、色々な種目に手を出さないようにしましょう

1部位に対して多くても2種目まで。

正直、筋トレ初心者は1部位1種目で十分です。

飽きないように、面白そうだからと色々な種目に手を出しても碌なことにはならないので注意しましょう。

最初は1つの種目をマスターすることを目指して下さい。

どうして種目を絞った方がいいのか

種目を縛った方がいい理由について。

筋トレはフォームが大切です。

ですが、正確なフォームをマスターするには時間がかかります。

最初から完璧なフォームが出来るなんてことは絶対にありません。

何回も筋トレを繰り返すことで少しずつズレを修正し、コツをつかむことが出来ます。

色々な種目に手を出していては技術が上達しません。

なので、最初は完全にフォームを習得できるまで種類を絞るようにしましょう

筋トレの効果が出ない人は1つの種目に集中せず色々な種目に手を出しがち。

それではフォームが上手くなることはないし、効果も出にくいです。

効果が出なければ楽しくないので飽きて辞めてしまうことに。

初心者によくあるパターンなので気をつけましょう。

注意点③筋トレの動画や記事をみて勉強する

【筋トレは週1でも大丈夫?】筋肥大やダイエット効果がどれくらいあるのか完全解説

筋トレは量と質が大切です。

週1の場合、量は仕方ないので質の向上だけでも意識して下さい。

質を上げるためには、動画や記事をみて勉強をしましょう。

間違った考えや動作の修正、効率的な方法など。

筋トレはいくらでも勉強することがあります。具体的には

・種目ごとのフォーム
・怪我をしない為の方法
・セット数の組み方や重量設定
・効果的な食事
・適切な頻度

それらは勉強するだけではダメです。
自分用に調整して初めて効果があります。

早いうちから自分に合った方法を身に着けることが大切。

知らなければずっと損をするだけです。

なので、出来るだけ早く知識を吸収して効率のいい筋トレを実践しましょう。

週1の筋トレなら勉強する時間はいくらでもあります。

量が少なければ質を高めるしかありません。

質の高い筋トレは素晴らしい効果を発揮してくれるので、大きな満足感をもたらしてくれるはずです。

いつまでも同じようなことをしている人は上達しませんよね。新しいことを取り入れるのは上達の第一歩!

【女性必見】懸垂が出来ない人のための懸垂完全攻略のすすめ
懸垂が出来なくて悩んでいませんか?初めて挑戦した人はびっくりするくらいキツイ筋トレなので仕方ありません。この記事では懸垂が1回も出来ない女性に向けて完璧に出来るようになるまでの方法を分かりやすく解説しています。興味がある人は参考にして下さい。

筋トレ初心者が最初に注意すべきこと

筋トレを始める場合、最初に気をつける点は

・間違ったフォームで筋トレを続けないこと

これが本当に重要です。
とにかく意識して下さい。

フォームは長いこと続けていれば型が固まります。

そのフォームが間違っていようと関係ありません。

間違ったフォームで固まってしまった場合

・関節を痛めやすい
・狙った場所が筋肥大しない
・思い道理にいかなくてストレスが溜まる

などのデメリットが。

そして、1度固まってしまったフォームを修正するのには物凄く時間がかかります。

どんなスポーツでも癖をなくしたりフォームを修正するのは大変ですよね。

なので最初の内に正しいフォームを身に着けて固めてしまいましょう。

大変な苦労をしないようにするために頑張ってください。

【スクワットがきつい!】スクワット嫌いを克服する完全攻略マニュアル
スクワットがきつくて続かない、挑戦してみたいけど続くか不安という人はいませんか?この記事ではスクワット初心者に向けてきつい理由や続けるための方法を徹底解説しています。スクワットをするなら役に立つオススメの情報が沢山あるので覗いてみて下さい。

注意点④モチベーションを維持しておく

【筋トレは週1でも大丈夫?】筋肥大やダイエット効果がどれくらいあるのか完全解説

週1の筋トレはモチベーションが低下しやすいです

モチベーションが低下すれば筋トレがどうでもよくなります。

週1の筋トレすら面倒になって辞めてしまうことに。

なので、筋トレのやる気を失わないように対策をとりましょう

何もしなければやる気は失われていくので注意して下さい。

週1だけ頑張ればいいと考えている人は要注意!

週1の筋トレが続きにくい理由とは

週1の筋トレは習慣化しにくいです。

毎日続けていることは癖になって習慣化しやすいですが、頻度が少ないほど始める時の腰が重くなってしまうもの。

空きの期間が長いとストレスは溜まらない分、継続することが難しいということに

週1だと面倒になってしまうのは仕方ないことです。

ここで、分かったなら対策を。

やる気を失わないように、週1の筋トレに向けてやりたいことを考えてモチベーションを保ちましょう。

週1の筋トレを続けるためには

なので、週1回の筋トレをやりたくなるようにしましょう

そのためには

・どんな体になりたいかイメージ
・解説動画を見る
・フィジークなどの大会を見る
・筋トレ器具を揃える
・試したいことをメモしておく

などなど

筋トレを行わない6日の間に出来ることは沢山あります。

週1の筋トレは残りの6日間を無駄にしないことが大切。

気持ちを途切れさせないように試行錯誤しましょう。

筋トレは週1よりも週2にすれば効果倍増

【筋トレは週1でも大丈夫?】筋肥大やダイエット効果がどれくらいあるのか完全解説

筋トレは続けられるかを最優先に考えないといけません。

そして辞めずに続けられるようになれば、今度は頻度を増やしていくことが大切です。

なので、週1の筋トレに慣れてきたら週2を検討してみましょう。

週2にすれば筋肥大の効率が大きく上がります。

正直、週1の筋トレは筋肥大の効率だけで言えばよくありません。

やはり期間が空き過ぎています。

それ以外にもモチベーションが低下しやすかったり、フォームの習得が遅れたりとデメリットが。

筋肥大させるためには。

筋肉痛は長くても3日で回復します。

回復すればすぐに筋トレをすることが効率のいい方法です。

週1では3日間の無駄が出来ますが、週2にすればその無駄をなくすことが出来ます。

また、行う回数が増えるのでフォームの習得も早く、習慣化もしやすいです。

しかしストレスが溜まりやすいというでメリットがあるので無理をして週2にするのではなく、余裕があればにしましょう。

少しずつ頻度を増やしていけば、より早く理想の体になることが出来ます。

また、習慣化してしまえばストレスになるということもありません。

無理をしない範囲で増やしていき、筋トレを楽しめるように頑張りましょう。

筋トレはやらないよりはやる方が絶対にいい

【筋トレは週1でも大丈夫?】筋肥大やダイエット効果がどれくらいあるのか完全解説

最後に筋トレはどんな頻度でもやった方が絶対にいいです。

筋トレをやることによって

・ダイエットが楽になる
・いい体になれる
・健康になる
・心も鍛えられる
・コスト0で始められる
・太りにくい体になる
・こり、冷え、むくみの改善に
・ストレス解消になる
・自分に自信がつく

などなど

嬉しい効果が沢山あります。

やって損になるようなことは絶対にありません。

筋トレが苦手なら腕立10回からでも問題なしです。

気分が向いたときに少しやってみるだけでも大丈夫。

やらないよりはどんな頻度や強度でもやった方がいいのは間違いありません。

良い体になれば鏡を見て悩むことも、他人の体をうらやましがることもなくなり明るい人生が待っています。

今よりもいい人生を目指して軽い気持ちで頑張ってみましょう。

筋トレは週1で大丈夫?まとめ

今回は週1の頻度の筋トレについて解説しました。

筋トレが苦手な人、初めて行う人は少ない頻度で挑戦してみたいはずです。

毎日なんて続きそうにないと思っても仕方ありません。

どんな頻度でも筋トレは行った方がいいです。

最初は効率なんて気にせず、のびのびやってください。

慣れてきて結果が気になりだしたら効率を求めてみましょう。

初めからガチガチに縛っても続くことはないので気をつけて下さい。

長文にお付き合いいただきありがとうございます。

またどこかでお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました