プロテインは太るの? うれしい効果、栄養とオススメの飲むタイミング

ダイエット/食事/知識

こんにちは、みそわんこです。

プロテインって普通の人が飲むと太るとか辞めたら筋肉がしぼむなんて思っていたりしませんか?

時々、プロテインをドーピングの薬みたいに思っている人がいます。

スポーツでもしてなければ飲む機会はないので、まだまだ間違った認識をしている人が多いです。

今回はプロテインについて、基礎からわかりやすく解説します。

プロテインってなに?

プロテインは3大栄養素であるタンパク質を英語化した言葉です。

炭水化物、タンパク質、脂質からなる3大栄養素はどれも重要な働きを持っています。

車に例えるなら炭水化物はガソリンで燃料の働きがあり、脂質は動きをよくする油であり不足するとさび付きます。そしてタンパク質はフレームやタイヤなど骨格を構成する1番大切な役割があります。

どれも、大切ですが人間でいう肌や髪、筋肉や骨、そして血に至るまでがタンパク質から作られているので、不足すると大変なことになります。

それは老化であったり、肌荒れや髪の毛が細くなったりと色々な問題が発生します。

そして現代人に不足しがちなタンパク質を、肉や魚からでなくても手軽に摂れるようにと作られたのがプロテインです。

なので、プロテインは肉や魚の代用品と思ってもらってもかまいません。

プロテインにはタンパク質だけでなく体に必要なビタミン各種を豊富に含んでいるので非常に優な補助食品です。

普通の人が飲んでも大丈夫?

まずプロテインは普通の人が飲んでも全然、問題がありません。それどころか不足しがちなタンパク質を補うためにも、普段から積極的に取り入れることをオススメします。

普通の人で1日に体重×1gのタンパク質を摂ることが推奨されています。

そして、筋トレをしていたりスポーツをしている人は体重×2は摂りたいところです。筋肉を大きくしたいなら常識中の常識なので覚えておいて損はないはず。

卵1つのタンパク質が6gぐらいなので70㎏の人で約12個必要とします。朝ドタバタしていたり、昼の仕事が忙しかったら、おにぎりを1つか2つで済ます時もあるでしょう。

そんな忙しい時にこそ、プロテインが活躍します。

手軽にサッと足りない栄養を補給してくれるので、時間の節約と健康の維持に大活躍です。

タンパク質は糖質や脂質と違って、健常な人なら摂りすぎても健康に害がないことが論文で発表されています。

摂りすぎること自体が難しいですが、たくさん摂ることに消極的になる必要はありません。

プロテインを飲んだら太る?

プロテインを飲んでいたら太ったという話を聞きますが、プロテインを飲んで太ることはほぼありません。

メーカーによりますが、プロテイン1杯が100~150カロリーの間なので卵1個から1,5個分くらいしかありません。おやつ代わりにちょうどいいカロリーです。

これで太ってしまうなら、その人の食生活や運動量に問題がある可能性が高いです。

オススメの飲み方、タイミング

筋トレをしている人なら、トレーニングが終わった30分以内(ゴールデンタイム)に飲むのがベストです。

そして最近では、トレーニング中から筋破壊が始まっているので、トレーニングを始める1時間前に飲んでも効果的だと言われています。

タンパク質は体に長期的に貯めておけないので、こまめにとることが大切です。ボディービルダーの方は食事を1日に6~8回とる選手もいるほどです。

トレーニングをしていない方なら朝や昼の忙しい時はもちろん、少し小腹がすいてくる朝の10時や3時にとるのもオススメです。

健康や美容にも効果があるので積極的にタンパク質を摂っていきましょう。

最近のプロテインは味もおいしいのでおやつにも最適です。

まとめ

  • 普段不足しがちなタンパク質を摂るのにプロテインは最適
  • タンパク質は肌や髪、骨や爪などを構成しているので不足すると老化の原因や肌荒れに
  • プロテインはカロリーが高くないので太る心配はない
  • 普通の人は間食にプロテインを飲んでもオススメ

最近は日本にもフィットネスブームがきて体を鍛えることに注目が集まっています。

それにともなってプロテインにも注目が集まっているので、もし興味があったら生活に取り入れてみることをオススメします。メリットの多い飲み物なので、健康を支えてくれる1つとして役立ってくれるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました