スポンサーリンク

筋トレをしている人はなぜ若々しく元気で活動的なのか?~その秘密はテストステロンにあり~

筋トレ/筋肉
スポンサーリンク

こんにちは、みそわんこです。

筋トレをしている人はしていない人に比べて、活動的で若々しいと思いませんか?

体を動かすことに肯定的で、雰囲気も若々しく、実年齢より若く見られることもしばしばあります

今回はなぜ、筋トレをしている人が元気で若々しく見られるのかについて、書いていきたいと思います。

筋トレをしている人はなぜ若々しいのか

それはテストステロンという男性ホルモンの働きが大きいといわれています。
男性ホルモンといいますが女性にも体の中で分泌されます

このホルモンは別名モテホルモンとも呼ばれています。

テストステロンは筋トレなど体を動かしている時によく生成され、その効果はすさまじいものがあります。

沢山ある効果の中でも

  • 集中力の増加
  • やる気の増大
  • 思考がクリアになる
  • 寿命が延びる
  • 若返り効果

など、何をするにしても欠かせない効果を発揮してくれます。

筋トレをしている人にうつ病の人がいないのも、このホルモンのおかげですね。

そんな都合のいいホルモンがあるのと思うかもしれませんが、本当に実在して化学でも証明されています。
そして実際に若々しく見えたり活動的な人は、このホルモンが多く分泌されているでしょう。

テストステロンを多く分泌している人は明るくて魅力的な人が多く、このホルモンを沢山持っているかで人生の豊かさは大きくかわってしまいます。

なのでテストステロンを絶えず体の中で満たしてあげましょう。

テストステロンがもたらす効果

先ほども軽くテストステロンがもたらしてくれる効果を上げましたが、本格的にどんな効果があるのか上げていきたいと思います。

記憶力が上がる

テストステロン値を上げると脳の中にある細胞小器官の働きを促進させてくれます。

胞小器官は精神活動や、記憶力、判断力などもコントロールしているのでテストステロンを増加させれば勝手に記憶力や集中力が上がっていきます

アイチエイジング効果で若々しくいられる

人間の体にはミトコンドリアという老化をつかさどる小器官があります。

この小器官は加齢の老化に対して重要な役割を果たしてくれています。
テストステロンはこの小器官にも効果を及ぼしてくれるので、満たされている人は遥かに若々しくいられるでしょう。

筋肉を作ってくれて肌の張りにも効果が

テストステロンは天然の筋肉増強剤と言われるほど素晴らしい効果を持っています。

筋肉がつきやすい体に変えてくれて、自分にも自信がつくようになり、性格も明るくなっていい事ずくめの効果をもたらしてくれます。

自分に自信がなかったり落ち込んでいる時は、筋トレをしましょう。そうすれば不安を吹き飛ばし、自信を取り戻してくれるはずです

だるさがなくなり、やる気が起きる

筋トレをした後、精神的なだるさがなくなることに気づいていますか?

テストステロンはドーパミンを促す効果があります。
ドーパミンは脳にやる気を促したり、落ち込んでいた気持ちを向上させる働きがあり、物事に取り組むにあたって非常に役に立ってくれます。

生活習慣病・肥満の予防

テストステロンで満たされていいる人は体をよく動かしていたり、活動的な人です。

当然ですがそんな人は生活習慣病や肥満にはならないでしょう。
肉体的にも精神的にも活動的になって、人生を謳歌できるように頑張ってください。

うつ病の対策に

うつ病対策に筋トレは昔から有効とされていますが、その原因はテストステロンにあるといえます。

筋トレをすることによってテストステロンが放出されそれによって、悩みや不安、落ち込んだ気持ちを吹き飛ばしてくれます。

なのでつらい時、悲しい時にこそ筋トレをして落ち込んだ気持ちを吹き飛ばしましょう。そうすれば何事もいい方向に向かっていくものです。

テストステロンを増やす方法

次はどうすれば増やすことが出来るのか見ていきましょう。

どんな時でも笑顔を増やそう

不安や心配といったマイナスな感情は男性ホルモンを抑圧してしまいます。

逆に嘘でも笑えば脳が勘違いしてテストステロンの増加につながり、本当に幸福を感じたり不安な感情をなくしてくれるでしょう。

筋トレをしよう

テストステロンの1番の増加方法は筋トレと言っていいでしょう。

頑張って自分を追いつめれば、終わった後の達成感や、かっこいい体への思いがテストステロンを大量に分泌してくれます。

体を鍛えている人で卑屈な人やネガティブな人を見かけないですよね。

いい睡眠をとろう

睡眠の質が高い男性は低い男性よりもテストテロン値が高かったというデータが、アメリカで発表されています。

睡眠の質が低かったり寝ている時間が短かったら、日常生活の質も悪くなってしまいます。
それを防ぐために1日7時間程度の睡眠とホルモンが特に分泌される22時から2時の間の睡眠を心がけるようにしましょう。

目標をもって、冒険してみよう

何かに目標を持って進んだり、新しい事に取り組むときのワクワク感は脳にとてもいい刺激を与えてくれます

その刺激がテストステロの分泌を促し、さらに意欲的に物事に取り組んだりするのを手伝ってくれます。

子供のころ、何にでもワクワクできた感情を思い出してください。

ポジティブに考えよう

テストステロンの分泌には精神状態も大きくかかわっています。

落ち込んだりネガティブな感情の時はテストステロンはほとんど分泌されません。

無理にでも楽しい事を考えたり喜んでいたら、後から本当に気持ちがついてきたりします
何事もネガティブな感情を引きずらない事が大切なのです。

クリーンな食事をしよう

おいしいからと言って健康を考えずに無茶な食事をすればテストテロン値は低下します。

血糖値の異常な上げ下げや、お酒の飲みすぎは体を壊して、精神にも多大な影響を与えます

健康に気を使ったものを食べていれば、精神的に余裕ができて元気で活動的な1日を送ることが出来るでしょう。

まとめ

  • トレをしている人は元気で若々しい
  • テストステロンというホルモンが分泌されているから
  • テストステロンは人生を豊かにしてくれるので分泌されるように意識しよう

筋トレは肉体や精神にも多大な影響を与えて、豊かにしてくれます。

体を動かすことが嫌いな人や苦手な人は、テストステロンが分泌されておらず、新しい物事に取り組むのもめんどくさいと感じているかもしれません。

ですが重い腰を上げて踏み出してみれば、あなたの人生は今よりもさらに豊かになると思います

初めは大変かもしれませんが、豊かな人生の為に頑張ってみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

筋トレと笑顔~つらい時や追い込まれた時こそ笑おう~
こんにちは、みそわんこです。筋トレってしんどいですよね。初めは新鮮で楽しいのですが、段々飽きてきたり、めんどくさくなって行う回数が減ったり、追い込みが甘くなってしまう事はないでしょうか?そんな時どうすればいいのか、それを乗り越えた先にあるものについて書いていきたいと思います。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました